LOG YOGA代表 鈴木 瞳さん(2016年卒業)

2015年の開始より多数の生徒が卒業してきたAnd Yogaのベーシックヨガ講師養成講座。

卒業生たちの現在を、And Yoga代表の奥かおるがインタビューしました。


LOG YOGA代表 鈴木 瞳さん(2016年卒業)


札幌市在住。9歳になる長女と8歳の長男を持つ二児の母。(2022年現在)長男を妊娠7ヶ月の時に670グラムで出産。脳性麻痺・一種一級の障害児の母となる。育児の真っ最中、自分の時間を唯一作ることができたヨガを深く学びたいと決意し、And Yoga養成講座を受講。その後ヨガの勉強を続け、2021年、念願だった自宅ヨガスタジオ「LOG YOGA」オープン。その名の通りログハウスの温かみのあるおしゃれな自宅で、ヨガスタジオを展開している。レギュラーレッスンのほか、同じ境遇に立つママのための「スペシャルキッズママのためのヨガ」や元保育士のキャリアを生かしたキッズヨガなどを開催。そのチャーミングな笑顔と前向きなパーソナリティが人を引き寄せ、ママのファンも多い。

最新情報はInstagramをチェック





ーAnd Yogaの養成講座を受講したきっかけは?


元々ヨガが大好きで。子育てで一生懸命だったんだけど、自分の時間が持てなくて、心も身体も疲れてしまった時があって。その時に唯一自分の時間を持てたのがヨガだったんです。やっぱりヨガっていいな、人に伝えられるようになりたいなって思い始めて…それで講座を探す中、HPを見てこれだ!と。

実は私元々ラジオっ子で、奥かおるさんのリスナーだったんです(笑)かおるさんの声とか明るい雰囲気とか好きだったので、それも決め手でした。


ーわあ嬉しい!じゃあ今、その聞いていたラジオDJからインタビューを受けているわけだ(二人笑)瞳さんとは、平日の夜にマンツーマンレッスンでしたね。


そうです。日中はリハビリがあったり子供のことが中心なので。養成講座を受けるってなって、母や妹が育児に協力をしてくれて通うことができました。子供が一種一級の障害手帳を持つ肢体不自由児で。家族の協力があってあの時通学していました。息子は今8歳になるのですが、小学校はどうしても上のお姉ちゃんと同じ小学校に入れてあげたくて、最初は普通の小学校に入学したんです。私が付き添って。給食も食べさせたり、授業のサポートをしたり。でも、昨年養護学校に転校をして…息子が学校に行っている間にヨガスタジオできるぞと!!タイミング的な運命を感じて、そこから二ヶ月ほどで一気に自宅スタジオをオープンさせました。



ーAnd Yogaを卒業したのが5年前。念願のオープンですね!


そうです!もう、想いが噴火したかのように沸き出てきてそこからの勢いはすごかったです。ここまで長かったけれど、でも、夢を叶えることができた。だから、皆さんにも伝えたいんです。すぐにヨガ講師の夢を実現できなかったとしても、絶対学んでいることは無駄じゃないし、やりたかった時間や想いの蓄積があるからこそ花が咲くこともあるんだよって。5年間、テキストを見返したり、色々なスタジオのヨガを勉強したり。そして、修了証はいつも見えるところに飾っていました。


ーご家族の反応はどうですか?

喜んでくれています。何よりも私が満たされているから、それが伝わっている感じ。お母さんて家族の一番重要な人じゃないですか。お母さんが元気だと家族が元気みたいな。今、私はやりたいことをやって、忙しいけど充実している、それが家族にもすごくいい影響を与えている。


ー今教えているヨガは

不定期なんですけど、「スペシャルキッズママ」って名付けて同じように障害を持ったお子さんをお持ちのママたちの心身をケアするためのヨガをやっています。「障害児のママ」って聞くと、少し悲しい感じがしませんか?だけど、子供はみんなスペシャルなんだよって。ヨガのほか自分の気持ちを吐き出すサットサンガも取り入れているんですが、自分の思いを言葉に出す、自分の時間を持つ、同じ仲間と時間を共有する、ということの大事さを改めて感じています。



ー今後の夢はありますか?

やはりスペシャルキッズママへのヨガをもっと伝えていきたい!朝ヨガとか、泊まりでリトリートとか!お母さんたちに、もう少し自分を労っていいんだよって、わがままになっていいんだよって、自分のことを労う時間を作ることは贅沢なことではないんだよって、伝えていきたいです。私自身がヨガからそれを教えてもらったから、今度は私がそれを伝えていきたいです。


ー最後に、これから講師を目指す人へメッセージをお願いします。

自分でレッスンをしてみて感じていることなのですが、ベーシックなヨガのポーズが組み込まれているヨガレッスンが一番喜ばれるんです。And Yogaのベーシック講座で学んだヨガはまさにそういった方達へのレッスンに生きています。そしてかおるさんは話す仕事をされていた方なので、人に伝える伝え方も、学べたことが今のレッスンにも生きている。夢はいつか叶います!是非ヨガ講師を目指しているならチャレンジしてもらいたいです。


インタビュー中、とにかく笑顔がキラキラしていた瞳さん。これからも家族にとって、そしてたくさんのママたちにとって輝く太陽のような存在でいてほしいなと思いました。

自宅スタジオは札幌市・南区のとても眺めの良い自然豊かなエリアにあります。おしゃれな自宅スタジオをぜひ訪れてみてくださいね。


ー以上ー